予防歯科|大阪市阿倍野区の歯科 足立歯科クリニック

サイトマップ

0120461844

予防歯科

虫歯・歯周病の予防をお考えの方へ

歯の「メンテナンス」はとっても大切です。そろそろ始めませんか?

歯の「メンテナンス」はとっても大切です。

歯は削って治療するものではなく、削らないで予防していくのが大切です。自分の天然の歯以上のものはないのです。詰め物やかぶせ物は自分の歯以上には決し てよくならないものです。初期虫歯で削らなくてはいけないかどうか、最新の機器を用いて測定します。もし削らなくてよいのなら、フッ素イオン導入やブラッ シング指導、フッ素洗口、食事指導を行い定期的にチェックします。それにより改善されない場合は削る量を最小限にしたエアーブレージョンやレーザーにて虫 歯の進行止めをし、フッ素の入った詰め物をして治療します。

唾液検査SMT 唾液検査で虫歯リスク判定

フッ素イオン導入

フッ素イオン導入

フッ素は、歯に塗布する事で歯質を強化し、虫歯になりにくくします。イオン導入機虫歯予防のためのフッ素応用は、歯科医院で行うフッ素塗布の他、ご家庭で 行うフッ素入り歯磨き材の使用やフッ素洗口があります。これらを併用することによって、フッ素による虫歯予防の相乗効果が期待できます。フッ素を塗布した からといって完全に虫歯にならないわけではありません。日頃の歯ブラシをしっかり行うと共に糸ようじ(フロス)の使用、シーラント処置をお勧めします。

フッ素

フッ素はお茶や海草などにも含まれているものなので低年齢のお子様にも安心です。
人間の身体にも含まれていて「歯や骨の発育に有益な微量元素」として認められています。 フッ素を塗布することにより歯に色が付いたり、黒くなることはありません。
乳歯の生え始めからすぐにできます。(特に歯の生え始めの時期に塗布すると浸透率が高いです。)

最新の研究では、

  • 強く丈夫な歯をつくり
  • 虫歯の原因を抑制し
  • 虫歯になりかけた歯の表面をもとにもどす

などの働きが確認されています。

PMTC

Professional  専門家が行う
Mechanical   機械的な
Tooth      歯の
Cleaning    清掃のことです。

毎日の歯磨きでは、清掃が不十分なところを患者様に代わって、スタッフがラバーカップ等の機械的清掃器具と、フッ素入りペーストを用いて歯をキレイにクリーニングすることです。
PMTCは歯ブラシで取れない歯の表面に付着した成熟したプラーク「細菌バイオフィルム」(悪玉菌の住み家)をも取り除くことができるので、虫歯や歯周病、口臭の予防に非常に大きな効果があります!
歯の着色がなくなり光沢のある美しい歯になります!

PMTCの効果

  • ツルツルして気持ちが良い。爽快感が得られます。
  • 徹底したプラーク除去により、歯周病も虫歯も口臭も予防できます。
  • ステイン(歯の着色)がとれ、光沢のあるキレイな歯になります。
  • フッ素入りペーストを使用しますので、再石灰化を促進し、歯質が強くなり、虫歯になりにくい歯が得られます。

などの働きが確認されています。

シーラント

きれいな永久歯列を育てるのが目的・目標です。特殊なやわらかなレジンを掘りの深い部分に流しこみます。まだ生えたばかりの乳歯の奥歯、永久歯(特 に6才臼歯)は、とても凸凹しています。深い堀があり、バイ菌がたまりやすく、歯磨きしても、どうしても食べかすが残ったりします。そのまま放っておく と、すぐに虫歯になってしまいます。特に、お子様の歯や、生えた直後の大人の歯はやわらかいのですぐ虫歯になってしまいます。お子様の歯が虫歯になってし まうと、その次に生えてくる大人の歯にも影響を与え、歯並びが悪くなったりします。

虫歯になる前に、歯の堀の部分をバイ菌が入らないようにうめると虫歯の予防になります。『シーラント』は歯の堀をきれいに掃除して埋めるだけですから、とても簡単です。シーラントをしたからといって、日ごろの注意や歯磨きを怠ってはシーラントをした意味がなくなります。

3DS

歯の表面は健康な状態であれば常在菌優位の被膜で覆われています。そこに虫歯や歯周病の原因となる多数の菌が感染すると、それらは被膜の中で増殖してしまうので、これを物理的に破壊し、科学的に除菌しない限り、元の状態には戻りません。このような除菌を目的とする、薬剤を用いた最新の予防治療法を3DSと呼んでいます。

虫歯に対する3DS

こんな方にお勧め
  • 虫歯の多い方
  • 虫歯の多いお子様(特に歯の生え変わり時期)
  • 矯正の術前・術後
  • 虫歯菌の母子感染防止のため、母親に対して(生後19~31ヶ月)
  • 唾液の少ない方
手順

1回目:口の中の術前唾液検査/歯型採取にてマウスピースの作製

検査から7~10日の間に:歯石除去と薬剤による除菌を2回行ないます。
(この間、家では夜マウスピース内にジェルを入れ、5分間装着し、自分で除菌)

2ヶ月後:2回目の唾液検査
※効果が認められない場合は原因追求し、3DS再施行致します。(3DSの費用は追加でかかりません)
※薬剤は基本的にポピヨンヨードもしくは、クロルヘキシジンを用います。
※アレルギーの可能性のある方は事前にお知らせ下さい。

歯周病菌に対する3DS

重度の歯周病は不可逆的であり、一度破壊された組織は戻りません。悪化のスピードを遅くし、歯の損失を最小限に抑えるためにも早めの治療をお勧めします。また最近、歯周病と全身疾患の関連性が注目されています。心臓血管疾患において致命的な発作を引き起こす可能性は、歯周病患者では3倍高いというデータが出ています。さらに歯周病は糖尿病の合併症ともいわれていますが、歯周病により口の中に慢性炎症が続くことで体内の一部のホルモン代謝が妨げられ糖尿病は悪化、さらに糖尿病悪化により歯周病も悪化すると言われています。その他、歯周病が気道を通り、気管支や肺に感染し影響を起すことや、未熟児の出生率を高めるなどの報告もあります。

手順

1回目:歯周病菌検査/歯型採取によるマウスピースの作製
※唾液検査は希望の方のみ行い、自費となります。

月1回の歯石除去と薬剤による除去:重症な方は始めのうち月2回でスタートします。
月1回の3DSをできるだけ長期続けます。毎月の定期健診だと思い、気軽に通って下さい。
※薬剤は基本的に虫歯菌の場合と同じです。追加で抗生物質入りの軟膏を用いる場合があります。

キシリトール

天然の甘味料で、白樺や樫などの樹木からとれる成分を原料としています。甘さにより唾液を出させる効果とプラークの中のミュータンス菌を減少させ酸生成を抑制する効果があります。甘さは砂糖と変わらずスッとした冷涼感もあります。

キシリトールの効果

食後、間食に1日1粒でも摂ることで効果が出てきます。
2週間~1ヶ月程度で効果が現われると言われていますが、その効果を持続させるには1~2年の摂取が必要と言われています。
粘着性のあるプラーク(歯垢)をサラサラにさせる働きがキシリトールにはあります。
キシリトールガムを噛んだ後に歯磨きをすると、プラークを簡単に取り除くことができるようになります。
母子感染の予防にも効果があります。

「予防歯科」に関するお問い合わせは
0120-4618-44 までお電話ください。
医療法人 青空会 大阪阿倍野 インプラントセンター 足立歯科クリニック
フリーダイヤル0120-4618-44 / TEL 06-6621-8241 年間365日年中無休で診療しております。
月~金は21:00、土・日・祝は19:00まで、年中無休で診療しております。 院内の様子

無料メール相談はこちら

診療科目のご案内

きれい、短時間、低価格のセラミック治療法

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら
0120461844

メールでのお問い合わせはこちら

はじめての患者様へ

患者様のお声を聞くことが治療の第一歩と考えております。
ご来院前にゆっくりとご記入いただくために、事前に問診表のダウンロード・印刷ができます。

問診表をダウンロード(PDF)

医院紹介

〒545-0011
大阪市阿倍野区昭和町2-18-1
有馬パレス阿倍野101

Loading...

 
平日
9:30~21:00
- - -
土・日・祝
9:00~19:00
- - - - -

駐車場常備

PC版PC版に切り替える
スマートフォン版スマートフォン版に切り替える

このページの先頭へ